Inner Self

アンソフィー・ギュエ
判型
307 × 205 mm
頁数
80頁、掲載作品33点
製本
ハードカバー
発行年
2019
言語
英語、フランス語

アンソフィー・ギュエは、2013年から2018年にかけて中性的な若者の写真30点あまりを、シリーズとして丹念に築き上げてきました。被写体となる若者の多くは、彼女が日々生活するなかで偶然に出会い、男性/女性という性別二元制や規範的モデルから逃避しているようにみえる佇まいに彼女は目を惹かれました。審美的欲求の高まりやホルモン療法が起因しているかどうかに関わらず、彼らは皆「ジェンダー・トラブル」を抱えているとギュエに伝えています。彼らの正面を向いたポートレート写真は重い沈黙に覆われているように見えますが、完全に口を閉ざしているわけではなく、代わりにどのようにアイデンティティが構築され「その他の人々」の前に示されるか、問いかけています。

身体は個人を社会に対して提示しますが、それは必ずしも常にその人間の内面を反映していないということは、徐々に社会の共通認識となりつつあります。『Inner Self』は、現在、世界的な重要論点であるジェンダー/性的マイノリティの問題にフォーカスしつつ、社会における外見 (appearance) の役割や、アイデンティティの形成に関して、我々がより深く理解するための機会を与えてくれることでしょう。