CASE TOKYOでは、5月19日(土)から6月23日(土)まで、大橋英児の展覧会 「Roadside Lights/ Being there」を、前期・後期にわけて開催いたします。日本中いたる所で目にする自動販売機。雪の夜道を照らし人々を安心させる一方で、売り上げ次第では撤去される運命にもあり、それはどこか人間くささを感じさせる存在です。Japan TimesをはじめCNN、BBCなど、多くの海外メディアで注目を集めている大橋の作品を、2017年に刊行されたカラーとモノクロ2冊の写真集にスポットを当てて展示いたします。前期展示では、カラー写真集『Roadside Lights』収録作品をご覧いただけるほか、未発表作品を含むスペシャルボックスを数量限定で販売予定です。後期展示では、モノクロ写真集『Being there』収録作品に加え、写真集をつくる過程でしか見ることのできない色校正なども展示いたします。荒涼とした原野に浮かび上がる派手な色合いと、静かな雪の夜に捉えられた美しいモノクロームの光と影。自動販売機のある風景から、日本の今が見えてくるかもしれません。

Artist

大橋英児 Eiji OHASHI

1955年北海道稚内市生まれ。1984年からヒマラヤ、チベット、パキスタン、中国西域といった広大な自然と、そこに住む少数民族を20年以上かけて取材。2008年以降、商業写真のかたわらで“自動販売機のある風景”の撮影を続けている。主な個展に「Roadside Lights」Galerie&co119(パリ、2017年)、「Existence of 」禅フォトギャラリー(東京、2017年)。2018年5月に第34回写真の町東川賞特別作家賞を受賞。

Access

CASE Tokyo
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB1
Google Map